工場長メッセージ

工場長メッセージ

常務取締役新潟工場長  長谷川 道夫

 新潟工場では5年以内に100%の自動化を進めたいと思っています。現在は一次加工の工程で95%、仕上加工の工程で70%、組立工程・検査工程で40%ほど自動化されています。さらに、今は協働ロボットというのが出てきているので、機械とロボットと人間が一緒に働ける(協働できる)工場を目指しています。これを進めていくことで、作業環境が良くなりますので、加工工場として新潟県で一番きれいな工場にしたいと思っています。一番に向かってできることを皆で協力して進めていきたいです。

 また、従業員一人一人が一流企業で働いているんだという気持ちになれるように、職場環境改善、処遇改善を進めています。処遇については現在も時間休暇、育児休暇、保存休暇制度など、かなり進められていると感じています。

 求める人材は、

1.仕事も私生活も夢を持っている人
夢を持っている人は想像力があり、自分で目標を定めることが出来てその目標に向かって努力する人だと思います。
2.会社の将来を想像できる人
入社するときに「会社をこうしたい」という思いをふくらませ、それに向けてチャレンジしてくれると期待します。
3.自ら考動できる人。
きちんと自分で考えて判断して動いてくれると思います。
4.リーダーシップを持っている人
夢に向かって自分を出して、ポジティブに考え仲間を同じ方向に導いてほしいと思います。

大きな会社ではないので学歴にこだわらず、そういう人たちにはできるだけチャンスを与えてあげたいと思っています。